痩せてる人達

朝バナナダイエットが流行った背景

少し前に、朝バナナダイエットが流行しました。朝ご飯にバナナを食べるだけという誰でもできるダイエット方法だったので、性別や年齢も関係なく、多くの人が実行しました。
流行ったときには、スーパーの棚からバナナが消えてしまったほどの流行でした。
朝バナナダイエットがここまで流行った背景には、手軽に痩せたいという思いがあります。
痩せたくても、つらい運動やカロリー制限を行うというのは大変ですし、続きません。
そこで、朝ごはんをバナナに変えるだけという手軽さが流行の背景にあります。
おまけに、朝ご飯をバナナにすれば、昼食や夕食はいつも通りに食べていいという手軽さがあります。
バナナは皮をむけばすぐに食べられるので、忙しい朝にも向いている食材です。
朝食というのは、平均で400キロカロリーほど食べている人が多いですが、バナナにすれば100キロカロリー以下に抑えることができます。
摂取カロリーを300キロカロリーも減らせるので、ダイエットには効果的であることが分かります。
バナナの本数は、1~2本ですので、しっかり食べたいという人は2本食べるようにしましょう。
よく噛むようにすると、満腹中枢が刺激され、白米を食べなくても満足できるようになります。
食物繊維が豊富に含まれているので、腹持ちがいいという特徴もあります。
食後のデザートは避けた方がいいですが、3時のおやつは1種類までなら好きなものを食べることができます。
適量であれば、お酒やコーヒー、お茶などの嗜好品も飲んでも構いません。
厳密な制限がなく、続けやすいという点も朝バナナダイエットが流行した背景にあります。
昼食や夕食は好きなものを食べることができるので、我慢しなくてもいいというメリットがあります。
もちろん、いつでも食べて言いというわけではなく、夕食は夜の8時までに食べるという条件があります。
帰宅が遅く、無理な場合は、就寝の4時間前に食べ終わるようにするといいでしょう。

朝バナナは健康にも良かった

朝バナナはダイエット効果の他に、高い健康作用がありました。朝4時から正午というのは、もっとも排泄に適した時間帯です。
この時間に肉や魚を食べてしまうと、消化にエネルギーが使われてしまいます。
消化のいいバナナを朝に食べることで、胃腸に負担をかけることなく、代謝と老廃物の排泄を促進することができます。
そのため、代謝が促進され、脂肪を燃焼させるというダイエットに適した体の状態になります。
胃腸が休み、食物繊維を豊富に含むバナナを食べることで、便秘が解消されるというメリットがあります。
女性の場合、ホルモンの関係で便秘になりやすく、老廃物を体にため込んでしまいがちです。
便通が改善されると、腸内環境も良くなり、お肌のトラブルも解消します。
また、バナナにはカリウムが含まれています。カリウムは余分な水分を体外に排出するという働きがあり、むくみの予防に効果的です。
ただ、バナナを食べるだけでむくみが完全に予防出来るかというとそういうわけではありません。
むくみは上記の通り余計な水分を体外へ排出することで解消出来て、それは医薬品を使うことで促すことが可能です。
ラシックスという薬はその効果を持つ医薬品で、むくみの解消にも使われることが多々あります。
医薬品は個人輸入代行の形を取り、通販で購入することも可能ですのでむくみに悩んでいる方は購入してみてはいかがでしょうか。
こちらが通販サイトのリンクです。(通販サイト:こちらでラシックスを購入しました
そしてバナナにはコレステロール値を抑えたり、必須アミノ酸も含まれているので健康に良い働きがあります。
朝バナナダイエットをする際には、水分を良く飲むようにします。
冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、常温の水かあたためた牛乳を一緒に飲むようにしましょう。
牛乳にはカルシウムが豊富に含まれているので、骨を強くしたり、イライラを鎮める効果があります。
朝バナナダイエットをすることで、ダイエット効果だけでなく、健康にも良い影響を与えることができます。
継続することで、代謝が良くなり、体の中から痩せやすい体質にすることができるようになります。
誰でも手軽に行うことができるダイエットで、無理な運動や、カロリー制限もないのが取り組みやすい特徴です。
成長ホルモンの分泌を良くするためにも、睡眠は長くとるようにしましょう。

関連記事

ページ先頭へ