痩せてる人達

リンゴ体系のあなたに合ったダイエット法

リンゴ体型の方が太る原因は食べたものを上手く消化しづらい体質にあります。
食べたものを上手く消化してエネルギーに変えることが出来ずに、脂肪だけが増えてしまう傾向があります。
リンゴ体型の主な原因は遺伝子の異常で、根本的な解決は難しいです。
遺伝子により消化が行いにくい体質になってしまい、他の人と同じ量やカロリーでも太りやすくなります。
リンゴ体型の方に合ったダイエット方法は内臓脂肪を燃焼しやすい運動を活発に行うことです。
太る原因は消化が上手く行えない事ですが、積極的に運動を行うことで内臓脂肪を燃焼してリンゴ体型を改善できます。
特に効果的なのダイエット方法が有酸素運動で、ウォーキングです。
1回ごとにおよそ20分程度のウォーキングで効果が出始めて、さらに長時間続ける事で効果が増大します。
短時間で激しく運動するのではなく、長時間掛けてゆっくりと運動する事がリンゴ体型のダイエットに効果があります。
ただし身体が痛くなったり、極度に疲れる程に有酸素運動を続けると逆効果になる恐れもあり、運動のし過ぎには注意が必要です。
糖質やカロリーを制限して食べる量や回数を減らしても有酸素運動をしなければ、既に溜まっている内臓脂肪は減らず、さらに増えていく一方です。
極端にカロリーなどを制限して痩せようとすると逆に不健康になってしまう事もあります。
カロリーなどをあまり制限せずに、普段の生活に有酸素運動を足す方がリンゴ体型の方に合っていて、効率的にダイエットすることが出来ます。
有酸素運動と合わせて炭水化物を制限する方法でダイエットを行うとより効果が出やすいです。
リンゴ体型の方は体質で糖質をエネルギーに変換しにくく、炭水化物には糖質が含まれていて炭水化物を摂取することでダイエットの邪魔になる場合があります。
炭水化物をすべて制限して摂取しないのではなく、普段から量を2分の1に減らすなどの工夫をすれば空腹感も感じにくいです。

リンゴ体系のあなたに合ったファッション

リンゴ体型の方で体型を気にしてしまう場合には、体のサイズにピッタリで体型が見えやすいコーディネートよりも、フワフワして体型が分かりにくいコーディネートが最適です。
特に上半身に身に着ける洋服はサイズに少し余裕をもって選ぶと体型が分かりにくくなります。
上半身は体型に対して少しサイズのゆとりを考えると良いですが、下半身は上半身とは異なり、ゆったりとした服装よりも足にピッタリとするくらいの方が引き締まって見えます。
下半身にゆったりとしたズボンなどを履くと、全体的に見た時に体型が目立ちやすいです。
それに対してズボンがピッタリとしていれば、上半身のリンゴ体型が少し緩和されます。
ファッションではカラーを意識することも重要で、黒やグレーやブラウン等のカラーだと体が引き締まって見えます。
服装すべてを黒やグレーやブラウンにするのではなく、これらのカラーをファッションの様々な箇所に取り入れるとより効果的です。
靴下やズボンやシャツやジャケットなど、身に着けるものごとにカラーを変えると単調で地味なコーディネートにもなりません。
またカラーを暗い色ばかりで統一している場合には靴下などにワンポイントとして赤やピンクなどの明るい色を取り入れる方法もあります。
リンゴ体型の方に合ったコーディネートとして、服装の柄やデザインに注目するという方法もあります。
ストライプ柄の服装では体の縦ラインを強調することができ、ストライプや水玉模様やその他の模様でも、柄が小さめの洋服を選ぶとスタイリッシュな印象を相手に与る事が可能です。
リンゴ体型の方でも上半身にはゆったりとした服、下半身にはピッタリとしたズボンを着用して、柄にも気を付ければ素敵なコーディネートで着こなすことが出来ます。

関連記事

ページ先頭へ